2016.12.02./グループSNE 杉浦武夫

 今回は「みんなのデッキ募集」番外編です。
 2016年11月20日に開催された「Championship SeasonⅣ 大阪」。
 Chapter7発売の10日後に開かれた、これからの環境が明らかになっていく大会といえます。

 今回ご紹介するのは、1~4位の皆さんのデッキです。

――――――――――――――――――――――

■アンケート内容
 ベスト8以上に入賞された方々には、デッキに関するアンケートを実施させていただきました。その内容をもとに、コメントを編集しております。
 アンケートの概要は、次のとおりです。

◆デッキ選択理由
◆デッキの主軸(最大3種) 
◆デッキの相性(得意/苦手)
◆ギリギリ不採用・枚数削減のカード(最大3種)
◆デッキに入っていないChapter7注目カード(最大3種)
◆こだわり部分・心がけ(任意)

――――――――――――――――――――――

【4位:白鳩さん】の「青黒マルス」

■デッキ概要
デッキの公開URL: https://dreadnought-tcg.com/publish_deck/?id=6662

【白鳩さん】 デッキ名:青黒マルス

キャスター(2)
4A-003 セレン・ミラー 1 3C-007 パウロ・エイコック 1
アイドル(4)
4A-012 アルテミス 4
Sユニット(20)
4A-037 プニュス 4 4A-033 ガレア 4
4A-038 フラゲッルム 4 4A-029 アルキッペー 4
1D-038 クリス 2 2D-049 ヴァッサゴ 2
Mユニット(10)
4A-031 エリス 4 4A-036 フォボス 2
3C-039 ザガン 4
コード(16)
1C-080 アテナの煌めく盾 4 2C-085 ベルゼブブの冥風 2
4A-072 エリスの復讐の大鎌 4 1C-101 ディスペル 2
1C-088 アスモデウスの眼光 4

■白鳩さんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・メタゲーム
・勝ち筋が明白だから。
・使い慣れているから。
・安定性があるから。
・爆発力があるから。

◆デッキの主軸
・《エリスの復讐の大鎌》
・《ペルセウスの破邪の剣》
・《ザガン》

◆デッキの相性
・得意なデッキ:以下外だいたい全て。
・苦手なデッキ:《ハーデス》または速攻型。

■まるデ班コメント
 今大会は、一気に青がらみのデッキが復権したのが特徴的と言えました。青がらみのデッキでは、青黄の次に使用率が高かったのが青黒デッキです。
 今大会の青混色のデッキは、その多くがマルスがらみ。そして黒混色の多くに採用されていたのが《ザガン》で、Chapter6以降もっとも《ザガン》に遭遇する率の高い大会となりました。
 白鳩さんのマルス&《ザガン》のデッキは、マルスデッキの例にもれず非常に攻撃的。従来の青黒デッキはブロックの強さが長所とされてきましたが、白鳩さんのデッキはアタックダメージ追加のコードが主体となっています。同色ミラー対決を睨んでの《ペルセウスの破邪の剣》4枚採用と、《アスモデウスの眼光》意外はログコスト②以下のコードでまとめられている点も特徴的です。

――――――――――――――――――――――

【3位:おっきゅんさん】の「みんなチャリにのらないで!」

■デッキ概要
デッキの公開URL: https://dreadnought-tcg.com/publish_deck/?id=6661

【おっきゅんさん】 デッキ名:みんなチャリにのらないで!

キャスター(2)
4A-003 セレン・ミラー 1 2D-010 ガウリ・メタシン 1
アイドル(4)
4A-012 アルテミス 4
Sユニット(19)
4A-033 ガレア 4 2C-068 マハーセーナ 2
4A-038 フラゲッルム 2 2D-084 ラティ 4
4A-032 カサンドラ 3 3c-031 ヘスティア 4
Mユニット(9)
2B-010 インドラ 1 2D-077 サラスヴァティ 4
4A-028 アポロン 4
コード(18)
1C-080 アテナの煌めく盾 4 1D-104 デストロイ 1
2C-092 ラクシュミの蓮の花 4 3C-071 ペルセウスの破邪の剣 2
4A-071 アポロンの輝きの音色 3 2C-091 ヴィシュヌの天眼 4

■おっきゅんさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・勝ち筋が明白だから。
・勝ちパターンと負けパターンが明確なとこが好きです。

◆デッキの主軸
・《アルテミス》:アイドルエリアにいるだけで相手の動きを制限できるから。
・《アポロン》:《アポロン》と《ヘスティア》のラインがすごく対応力があって好みです。
・《サラスヴァティ》:この環境において1ターン目に①コスを開けて《アテナの煌めく盾》などをうってHPを守る動きが好きです。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:ほぼ全部は見れると思います。
・苦手なデッキ:ただ、《岳田 リツコ》(1弾)の採用が増えるとつらいです。

◆ギリギリ不採用のカード
・《エリスの復讐の大鎌》:今回は採用していないですが、パワーカードの筆頭です。次は採用します。
・《エリス》:《ヘスティア》がいるから採用してないですが、今後まちがいなく流行ります。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《リリス》:環境が進めばもっといいデッキが生まれると思います。
・《ジャターユス II》:青黄に革命を起こすカードです。

■まるデ班コメント
 今大会で多かったクラスタの組み合わせが、青黄デッキ。
 おっきゅんさんのデッキもクラスタは青黄ですが、大流行したMサイズのマルスを採用した型ではなく、《アルテミス》・《アポロン》・《サラスヴァティ》を軸にした型です。コメントにもあるとおり、《アポロン》と《ヘスティア》を並べると、攻防ともに高い数値が期待できるのが特徴的です。
《アルテミス》による動きの制限もさることながら、《アポロン》が採用されていることにより《アポロンの輝きの音色》まで警戒する必要があるため、対戦相手としては動きが読みづらいデッキと言えそうです。
 いわゆるダブル音叉の《セレン・ミラー》と《ガウリ・メタシン》採用で、手札が潤沢に確保できそうな点にも注目です。

――――――――――――――――――――――

【2位:レンさん】の「蓮式緑単 W音叉」

■デッキ概要
デッキの公開URL: https://dreadnought-tcg.com/publish_deck/?id=6659

【レンさん】 デッキ名:蓮式緑単 W音叉

キャスター(2)
4A-009 エドガー・ソッケルカーカ 1 3B-011 フィリッパ・ラデュレ 1
アイドル(4)
4A-015 ロキ 4
Sユニット(19)
3B-056 スケッギョルド 4 3B-050 ゲルセミ 4
3B-053 シェヴン 4 3B-060 フノス 3
3C-061 スノトラ 4
Mユニット(8)
3A-003 オーディン 4 3B-061 フリッグ 4
コード(19)
2P-016 ディスペル 3 3B-075 言霊のルーン アンスル 4
3B-073 イチイのルーン エオー 3 3B-080 猛牛のルーン ウル 4
3B-076 生命のルーン イング 2 1D-104 デストロイ 2
2D-097 フリーズ 1

■レンさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・メタゲーム。
・安定性があるから。
・過去の栄光に縋りたいから。

◆デッキの主軸
・《オーディン》:説明不要の絶対エース。
・《言霊のルーン アンスル》:《エリスの復讐の大鎌》環境+混色多い読みでの必須枠。
・《フリッグ》:このカードがあるから《オーディン》が強い。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:全部。
・苦手なデッキ:ありません。

◆ギリギリ不採用のカード
・《ロヴン》:コストが重たいのと《スケッギョルド》の枠確保のため不採用。
・《フノス》:刻印作成能力で4欲しかったがM12枠のために1枚減。
・《イチイのルーン エオー》《生命のルーン イング》:《オーディン》対応のキャスター不採用のため刻印不足を考え減。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《リリス》:強そう。
・《馬のルーン エイワズ》:かなり強い使い方がありそう。
・《エリスの復讐の大鎌》:今弾一のパワーカード。

◆こだわり・心がけ
《オーディン》を常に1vs1で戦えるようにするのと、W音叉での早いタイミングからコンバットコードを集めること。

■まるデ班コメント
 緑緑の《オーディン》を主軸としたデッキは、今大会でも健在でした。
 レンさんのデッキは《クリストファ・ブルボン》は不採用で、デッキタイトルにもあるとおり《ロキ》と《フリッグ》のいわゆるダブル音叉を採用した型です。
 今大会はレンさんの読みどおり、混色でアタックの応酬を軸に戦うデッキが上位卓には多く、前環境の「③コストユニットに「共闘」で戦う」というデッキは激減。それにともない、Mサイズで《オーディン》のBPを超えるユニットも減ったため、緑緑デッキにいたったということでしょうか。《言霊のルーン アンスル》も非常に効きやすい環境である点も、追い風となっていそうです。
 刻印の量を抑えたデッキ構成に変遷してきている点もポイントといえそうです。

――――――――――――――――――――――

【1位:シャリンさん】の「青黒マルス」

■デッキ概要
デッキの公開URL: https://dreadnought-tcg.com/publish_deck/?id=6658

【シャリンさん】 デッキ名:青黒マルス

キャスター(2)
4A-003 セレン・ミラー 1 3C-007 パウロ・エイコック 1
アイドル(4)
4A-012 アルテミス 4
Sユニット(20)
4A-037 プニュス 4 4A-033 ガレア 4
4A-038 フラゲッルム 4 4A-029 アルキッペー 4
1D-038 クリス 2 2D-049 ヴァッサゴ 2
Mユニット(10)
4A-031 エリス 4 4A-036 フォボス 2
3C-039 ザガン 4
コード(16)
1C-080 アテナの煌めく盾 4 2C-085 ベルゼブブの冥風 2
4A-072 エリスの復讐の大鎌 4 1C-101 ディスペル 2
1C-088 アスモデウスの眼光 4

■シャリンさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・安定性があるから。

◆デッキの主軸
・《ザガン》:BP有利を取り続ける。
・《エリスの復讐の大鎌》:80上昇はバケモン。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:緑単以外は戦えます。
・苦手なデッキ:緑単。

◆ギリギリ不採用のカード
・《カサンドラ》:コードコストのバランスで《ヴァッサゴ》採用。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《リリス》:《オーディン》をひっくり返したい。
・《馬のルーン エイワズ》:60上昇は優秀、連続行動の効果も強い!

■まるデ班コメント
 一気に環境へ復権してきた青黒デッキ。シャリンさんのデッキもマルス型の構成となっています。
 青黒デッキと共に、今大会で多数採用されていた黒のユニットが《ザガン》。《パウロ・エイコック》による音叉や、マルス型のデッキとのミラーマッチになった際に《エリス》や《フォボス》に「衰弱」をエンチャントすると一気にアタックダメージが減らせるなど、非常に7弾環境にマッチしたカードとして見直されたようです。
 シャリンさんのデッキは、アタックダメージ上昇カードは《エリスの復讐の大鎌》と《ヴァッサゴ》の計6枚。攻撃過多なデッキ構成の方が増えた中、枚数的には防衛的なカードの方が多い点が特徴的です。
 また、《セレン・ミラー》と《パウロ・エイコック》による、いわゆるダブル音叉のため、いっそう安定度の高まったデッキ構成と言えます。

――――――――――――――――――――――
■次回予告「Dreadnought Festa SeasonⅣ 東京 秋 上位入賞者デッキ紹介」
 次回は12月4日に開催されます「Dreadnought Festa SeasonⅣ 東京 秋」の上位チームのデッキ紹介です。

 また、Twitter上ではドレノのデッキを随時募集中!
 ハッシュタグ「#ドレノみんなのデッキ」と、このHP上のマイカードデッキ機能(https://dreadnought-tcg.com/deck/login)で登録されたデッキのURLを添え、『ゲーム・オブ・デザイア』に含まれるカードを使ったデッキをご投稿ください!

 もしデッキ構成で迷っていらっしゃる場合、【診断希望】と追記していただければ、開発担当まるデ班も一緒に考えさせていただきます! なのでドレノ初心者の皆様も、気楽にご投稿ください。
 ご応募の際には、twitterハッシュタグ「#ドレノみんなのデッキ」で投稿をお願いします。
 その際、ツイート本文中に――

・#ドレノみんなのデッキ
・デッキ構成に迷っている場合、ツイートのどこかに【診断希望】と追記してください。
・ハンドルネーム(明記されていない場合は、基本的に現在のTwitter名でご紹介します)

――をご記載してください!

 なお、この「#ドレノみんなのデッキ」タグは、このブログ記事専用のものではありません。多くの方々にドレノのデッキに触れていただける機会を増やすための一環として使わせていただいているだけなので、テーマに関係なくお気軽にデッキ紹介・検討などの手段としてご利用ください!