2017.3.3./グループSNE 杉浦武夫

 今回は「みんなのデッキ募集」番外編です。
 2017年1月8日に開催された「Championship SeasonⅣ 東京」。
 たいへん遅ればせながら、Chapter7環境最後となったこのイベントでの上位入賞者のみなさんのデッキをご紹介します!

――――――――――――――――――――――

■アンケート内容
 上位入賞者の皆さんには、デッキに関するアンケートを実施させていただきました。その内容をもとに、コメントを編集しております。
 アンケートの概要は、次のとおりです。

◆デッキ選択理由
◆デッキの主軸(最大3種) 
◆デッキの相性(得意/苦手)
◆ギリギリ不採用・枚数削減のカード(最大3種)
◆デッキに入っていないChapter7注目カード(最大3種)
◆こだわり部分・心がけ(任意)

――――――――――――――――――――――

【8位:ひろきちさん】の「ゴリラ」

■デッキ概要
【ひろきちさん】 デッキ名:ゴリラ

キャスター(2)
4A-003 セレン・ミラー 1 3C-007 パウロ・エイコック 1
アイドル(4)
4A-012 アルテミス 4
Sユニット(16)
4A-037 プニュス 4 4A-033 ガレア 4
4A-038 フラゲッルム 3 4A-029 アルキッペー 3
2D-049 ヴァッサゴ 2
Mユニット(10)
4A-031 エリス 4 4A-036 フォボス 2
3C-039 ザガン 4
コード(20)
1C-080 アテナの煌めく盾 4 2C-085 ベルゼブブの冥風 4
4A-072 エリスの復讐の大鎌 4 3C-072 アザゼルの荒ぶる闘気 2
1C-088 アスモデウスの眼光 2 2P-019 アスモデウスの眼光 2
3A-014 ディスペル 1 2C-094 ディスペル 1

■ひろきちさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・勝ち筋が明白だから。

◆デッキの主軸
・《エリスの復讐の大鎌》:効果が強い。
・《アスモデウスの眼光》:万能。

◆デッキの相性
・苦手なデッキ:《オーディン》。

◆ギリギリ不採用のカード
・《アドラメレクの邪紋》:《アザゼルの荒ぶる闘気》に変えました。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《ブラフマー》:効果がユニーク。

◆こだわり・心がけ
《ベルゼブブの冥風》が4枚入っているのでAcで使いたかったけど、今回は1回しか使いませんでした。

■まるデ班コメント
ひろきちさんのデッキは、この環境でのトップメタの一角、青黒マルス。
アタックの攻防においては無類の強さを誇る青黒マルスデッキ。
反面、ひろきちさんのコメントにもあるとおり、単体を狙い撃ちしたり数値の比べあいを無効化できる《オーディン》デッキが不得意という側面もあるようです。

――――――――――――――――――――――

【7位:谷指揮さん】の「Skypeだけでここまできました」

■デッキ概要
【谷指揮さん】 デッキ名:Skypeだけでここまできました

キャスター(2)
4A-003 セレン・ミラー 1 3C-007 パウロ・エイコック 1
アイドル(4)
4A-012 アルテミス 4
Sユニット(18)
4A-037 プニュス 4 4A-033 ガレア 4
4A-038 フラゲッルム 3 4A-029 アルキッペー 4
2D-049 ヴァッサゴ 1 1D-038 クリス 2
Mユニット(10)
4A-031 エリス 4 4A-036 フォボス 2
3C-039 ザガン 4
コード(18)
1C-080 アテナの煌めく盾 4 2C-085 ベルゼブブの冥風 3
4A-072 エリスの復讐の大鎌 4 3C-072 アザゼルの荒ぶる闘気 1
1C-088 アスモデウスの眼光 4 3A-014 ディスペル 2

■谷指揮さんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・師匠が使っているから。

◆デッキの主軸
・《エリス》:ログ起こし、150受け、強化はがし、すべて強い!
・《ザガン》:ミラーマッチにおける盤面操作。
・《ベルゼブブの冥風》:《アテナの煌めく盾》に次ぐ防御コードにより、受けが強くなるから。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:黄単デッキ。
・苦手なデッキ:青黒デッキ。

◆ギリギリ不採用のカード
・《ヴァッサゴ》(2枚目):マルスではないため、初ターンで場に出すと苦しいため。
・《アドラメレクの邪紋》:1枚で《スノトラ》を除去する以外に使い道が難しいため。
・《ディスペル》(3枚目):コードが重くなるため。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《ツクヨミ》:これを使った強力なデッキをまだ見たことがないため。
・《リリス》:どんなユニットも除去できるから。
・《酒呑童子》:条件次第でとても強くなるため。

■まるデ班コメント
谷指揮さんのデッキも、トップメタ青黒マルス。
青黒マルスは多数派ではあるものの、カードの採用理由や枚数の理由まではレシピからはわからないもの。谷指揮さんのコメントでは、その辺りが明らかになっているのが勉強になります。

――――――――――――――――――――――

【6位:赤単マンさん】の「秘密の出産で虹彩を加えればスーパーデッキサーチコンボだね」

■デッキ概要
【赤単マンさん】 デッキ名:秘密の出産で虹彩を加えればスーパーデッキサーチコンボだね

キャスター(2)
3C-009 パドマ・アステラス 1 4A-007 ヴァルナー・ロート 1
アイドル(4)
4A-014 ブラフマー 4
Sユニット(17)
1D-083 ニーラカンタ 4 3C-051 ナタラージャ 2
2C-068 マハーセーナ 2 3C-050 チャンディ 4
3C-053 パールヴァティ 4 4A-053 シャクティダラ 1
Mユニット(7)
3C-048 カーリー 3 3P-013 シヴァ 4
コード(22)
1D-100 シヴァの第三の眼 3 2C-089 インドラの矢 4
2C-088 アプサラスの誘惑 3 2D-095 ウシャスの夜明けの光 4
2P-023 ヴィシュヌの天眼 4 2C-090 ヴァーユの乱風 4

■赤単マンさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・使い慣れているから。

◆デッキの主軸
・《シヴァ》:強いプレッシャーをかけられる。
・《インドラの矢》:スーパーパワーカード。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:アビ焼きがとおりそうなデッキ。
・苦手なデッキ:アビ焼きがとおらなさそうなデッキ。

◆ギリギリ不採用のカード
・《ディスペル》:《ヴィシュヌの天眼》5枚目として考えたがギリギリ不採用。
・《ドゥルガー》:《カーリー》で良いでしょう。
・《ジャガットガウリ―》:自身が「SP:A」なところが微妙に惜しい。アビリティは強い。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《ケトゥス》:僕のデッキ〈爆発助成案〉が、みんなのデッキに紹介されているので。

◆こだわり・心がけ
《インドラの矢》か《シヴァの第三の眼》を使うときは、《ヴィシュヌの天眼》を持っているカオして使います。
《アプサラスの誘惑》は後攻などで使い、連続で《シヴァ》で焼いたりで使いたかったです。

■まるデ班コメント
赤単マンさんのデッキは、黄黄《シヴァ》。
コメントからは、かなりポジティブで前のめりなデッキ構築を目指されていたことがうかがい知れます。
《ディスペル》を入れるかどうかが検討されるほど、《ヴィシュヌの天眼》が重要であることもわかります。

――――――――――――――――――――――

【5位:すけ@HATWドレノ勢さん】の「(無題)」

■デッキ概要
【すけ@HATWドレノ勢さん】 デッキ名:(無題)

キャスター(2)
3B-011 フィリッパ・ラデュレ 1 4A-009 エドガー・ソッケルカーカ 1
アイドル(4)
4A-015 ロキ 4
Sユニット(20)
3P-005 スケッギョルド 4 3B-050 ゲルセミ 4
3B-053 シェヴン 4 3B-060 フノス 4
3C-061 スノトラ 4
Mユニット(8)
3A-003 オーディン 4 3b-061 フリッグ 4
コード(18)
2C-094 ディスペル 2 3b-075 言霊のルーン アンスル 4
3P-018 イチイのルーン エオー 3 3B-080 猛牛のルーン ウル 4
3b-076 生命のルーン イング 3 4A-077 馬のルーン エイワズ 1
1D-104 デストロイ 1

■すけ@HATWドレノ勢さんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・使い慣れているから。

◆デッキの主軸
・《オーディン》:デッキの主軸。初手に無いときは全力でマリガンする。
・《ロキ》:音叉ドロー。詰めで強化2枚ついて出てくるのが強い。
・《ゲルセミ》:相手のアタックを受けて、《ゲルセミ》してから《言霊のルーン アンスル》する動きが良い。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:グングニルでMが焼ける相手。
・苦手なデッキ:《ロヴン》の入っている緑単。

◆ギリギリ不採用のカード
・《ロヴン》:《エリス》で強化をはがされるので《ゲルセミ》を優先しました。
・《ディスペル》:3→2。《デストロイ》を入れたかった。
・《イチイのルーン エオー》:4→3。《馬のルーン エイワズ》を入れたかった。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《エリスの復讐の大鎌》:どっちの効果も強い。
・《エリス》:固い。
・《酒呑童子》《オオマガツヒ》:2ターン目に負けた。

◆こだわり・心がけ
・マリガンは妥協しない。
・《ゲルセミ》してから《言霊のルーン アンスル》。

■まるデ班コメント
すけさんのデッキは、今環境でもトップメタの一角となった緑緑《オーディン》。
使用者数の多い《オーディン》デッキですが、そのぶんコメントで細部へのこだわりが明らかになるところが興味深いですね。
「《ゲルセミ》してから《言霊のルーン アンスル》」などは、プレイングの流れとして、とても勉強になる思考パターンかと思います。

――――――――――――――――――――――

【4位:まめさん】の「約束されし勝利の槍…グングニル!」

■デッキ概要
【まめさん】 デッキ名:約束されし勝利の槍…グングニル!

キャスター(2)
3B-011 フィリッパ・ラデュレ 1 4A-009 エドガー・ソッケルカーカ 1
アイドル(4)
4A-015 ロキ 4
Sユニット(22)
3A-013 ロヴン 2 3B-050 ゲルセミ 4
3B-053 シェヴン 4 3B-060 フノス 4
3C-061 スノトラ 4 3P-005 スケッギョルド 4
Mユニット(8)
3A-003 オーディン 4 3b-061 フリッグ 4
コード(16)
2P-016 ディスペル 4 3b-075 言霊のルーン アンスル 4
3b-076 生命のルーン イング 3 3p-007 猛牛のルーン ウル 4
2P-024 レジスト 1

■まめさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・使い慣れているから。

◆デッキの主軸
・《オーディン》:絶対的エース。
・《フリッグ》:絶対的サポーター。
・《ディスペル》:《オーディン》のアビ焼きを安定させたり、《デストロイ》や《インドラの矢》を防ぐ。《生命のルーン イング》+《ディスペル》も強い。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:全般。
・苦手なデッキ:緑単、黄単、青黒、黒黒にきれいに回られるとキツい。

◆ギリギリ不採用のカード
・《イチイのルーン エオー》:《言霊のルーン アンスル》されたり《ウシャスの夜明けの光》されたりするので減らしていたが、ついに0に。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《エリスの復讐の大鎌》:強すぎ。

◆こだわり・心がけ
鍛え抜かれた《オーディン》。

■まるデ班コメント
たびたび緑緑《オーディン》で入賞されている、まめさんのデッキ。
このイベントの環境では、キャスターが《フィリッパ・ラデュレ》&《エドガー・ソッケルカーカ》という、いわゆるダブル音叉の構築が多く、代わりに《フノス》での刻印確保というスタイルになってきたのが特徴的です。
まめさんのデッキは《イチイのルーン エオー》が0枚という点が、非常に目を引きます。

――――――――――――――――――――――

【3位:みょこすけさん】の「テンプレ緑単」

■デッキ概要
【みょこすけさん】 デッキ名:テンプレ緑単

キャスター(2)
3B-011 フィリッパ・ラデュレ 1 4A-009 エドガー・ソッケルカーカ 1
アイドル(4)
4A-015 ロキ 4
Sユニット(20)
3B-056 スケッギョルド 4 3B-050 ゲルセミ 4
3B-053 シェヴン 4 3B-060 フノス 4
3C-061 スノトラ 4
Mユニット(8)
3A-003 オーディン 4 3b-061 フリッグ 4
コード(18)
2P-016 ディスペル 3 3b-075 言霊のルーン アンスル 4
3b-076 生命のルーン イング 2 3B-080 猛牛のルーン ウル 4
3B-073 イチイのルーン エオー 4 1D-104 デストロイ 1

■みょこすけさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・安定性があるから。

◆デッキの主軸
・《スケッギョルド》:刻印を供給できるから。
・《ロキ》:とりあえずキャストして損しないから。
・《フリッグ》:いつキャストしてもうれしいユニット。安定性◎。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:特になし。
・苦手なデッキ:青黒マルス、緑単、黄単《シヴァ》。

◆ギリギリ不採用のカード
・《フリーズ》:奇襲性は高いものの、必要性が薄いから。
・《ロスヴァイセ》:《イチイのルーン エオー》の刻印消費を抑えられるのはGood!
・《ロヴン》:キャスト時にあまりログと山札を使いたくないから。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《酒呑童子》:BPの高さは正義! デカい!! 強い!!!
・《ツクヨミ》:ログが一気に伸びる動きは捌きにくい。相手にすると厄介。
・《オオマガツヒ》:赤に欲しかった固いユニット。

◆こだわり・心がけ
山札の残りは気にせず、全力でデッキを回すこと。

■まるデ班コメント
今回の緑緑《オーディン》デッキで最上位に食い込まれたのは、みょこすけさん。
コメントから読み取れるのは、デッキ構築時点で、気を使わずにプレイングできるように準備しておくことではないでしょうか。デッキ構築時に山札消耗を抑えることを意識しておき、プレイ時点では山札消耗を恐れないというバランスに、ポリシーを感じます。

――――――――――――――――――――――

【2位:こたんさん】の「赤黄 鬼」

■デッキ概要
【こたんさん】 デッキ名:赤黄 鬼

キャスター(2)
1C-010 岳田 リツコ 1 2A-001 霧島 ケイゴ 1
Sユニット(20)
2a-003 赤鬼 4 3b-013 オオヤツヒメ 4
2d-084 ラティ 4 3b-039 ラクシュミ 4
3c-016 コノハナチルヒメ 4
Mユニット(12)
4a-016 茨城童子 4 4a-018 オオマガツヒ 4
4a-025 酒呑童子 4
コード(18)
2p-017 神通力 金剛 4 2p-021 神通力 雷火 4
4a-070 神通力 烈火 3 2p-020 ラクシュミの蓮の花 4
2p-023 ヴィシュヌの天眼 3

■こたんさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・勝ち筋が明白だから。

◆デッキの主軸
・《酒呑童子》:手札が切りやすいので、「悪意」が簡単に発動するため、とても強いです。
・《オオマガツヒ》:「猛攻+20」が強い。《神通力 烈火》がくさりにくくなるのもgood。
・《ラクシュミの蓮の花》:これを含めたコンバットで、一気に決めにいきます。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:緑単。
・苦手なデッキ:青黒。

◆ギリギリ不採用のカード
・《マンドーダリー》:「Free+10」が無いのは、つらいです。
・《旭 レイジ》(3弾):タイミングが遅いのと、《霧島 ケイゴ》が強かったので。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《エリスの復讐の大鎌》:1枚で+80を出せるのは、本当に強い。
・《エリス》:強化をはがす効果を持っているのが地味に強い。
・《アルテミス》:「調和&結界」って強くないですか。

◆こだわり・心がけ
2ターンで勝負を決めるのがベスト。
ある程度のあきらめは必要です。

■まるデ班コメント
こたんさんのデッキは、短期決戦用の赤黄の鬼デッキ。
コメントにもあるとおり、2ターンで勝ちをもぎ取る対戦を何度も重ねられ、見事に上位へ食い込まれました!
《オオマガツヒ》が場にいれば、《ヴィシュヌの天眼》以外のカードは軽量コンバットになるため、ゴッドドローしても手札を減らせるというデッキ構成が秀逸です。

――――――――――――――――――――――

【1位:あきさくさん】の「予備デッキ(ア〇ーラの姿)」

■デッキ概要
【あきさくさん】 デッキ名:予備デッキ(ア〇ーラの姿)

キャスター(2)
3C-009 パドマ・アステラス 1 4A-007 ヴァルナー・ロート 1
アイドル(4)
4A-014 ブラフマー 4
Sユニット(18)
1D-083 ニーラカンタ 4 2D-085 ラムバー 3
2D-084 ラティ 2 3C-050 チャンディ 4
3C-053 パールヴァティ 4 4A-053 シャクティダラ 1
Mユニット(8)
3C-048 カーリー 4 3P-013 シヴァ 4
コード(20)
1D-100 シヴァの第三の眼 3 2C-089 インドラの矢 4
2p-020 ラクシュミの蓮の花 4 2D-095 ウシャスの夜明けの光 4
2P-023 ヴィシュヌの天眼 4 2C-090 ヴァーユの乱風 1

■あきさくさんのアンケート内容&コメント

◆デッキ選択理由
・勝ち筋が明白だから。
・爆発力があるから。

◆デッキの主軸
・《シヴァ》:《シヴァ》を引くことがすべて。
・《ヴィシュヌの天眼》:安心感。やりたいことをやれる。
・《ウシャスの夜明けの光》:《エリスの復讐の大鎌》を消せるので、青黒相手に安定する。

◆デッキの相性
・得意なデッキ:青黒、黒単。
・苦手なデッキ:緑単、チャリ系。

◆ギリギリ不採用のカード
・《ヴァーユの乱風》(2枚目):1枚の方が強い。
・《ディスペル》:《ヴィシュヌの天眼》の重要性。
・《ラティ》(3枚目):《ウシャスの夜明けの光》、《ラムバー》を優先した。

◆デッキに入っていないChapter7注目カード
・《エリス》:強すぎる。
・《エリスの復讐の大鎌》:対策できていないとゲームにならないほど強い。

◆こだわり・心がけ
マリガンは強気にやります。

■まるデ班コメント
Chapter7の最終環境を制したのは、あきさくさんの黄黄《シヴァ》デッキ。
コメントから読み取れるのは、黄黄デッキは環境によって選択できるコードの厚みがあるということではないでしょうか。
トップメタの一角である青黒《エリス》デッキの対策としての、《ウシャスの夜明けの光》の重要性がうかがえます。

――――――――――――――――――――――
■次回予告「CS名古屋 上位者デック紹介・前編」
 次回は2月19日に開催されました、CS名古屋の上位入賞者のデッキをご紹介いたします。
 Chapter8環境の初のイベントで活躍したデッキ、お楽しみに!

 引き続き、Twitter上ではドレノのデッキを随時募集中です!
 ハッシュタグ「#ドレノみんなのデッキ」と、このHP上のマイカードデッキ機能(https://dreadnought-tcg.com/deck/login)で登録されたデッキのURLを添え、ご投稿ください!

 なお、この「#ドレノみんなのデッキ」タグは、このブログ記事専用のものではありません。多くの方々にドレノのデッキに触れていただける機会を増やすための一環として使わせていただいているだけなので、テーマに関係なくお気軽にデッキ紹介・検討などの手段としてご利用ください!