Skype対戦

1. Skype対戦とは

マイクロソフト社が提供するアプリケーション「Skype」を使用し、音声と映像でドレッドノートを対戦することです。
Skype対戦を行うためには、以下のものが必要になります。

①PC
必要なソフトをインストールします。Skypeがインストール、起動できるスペックのものであれば、デスクトップでもノートパソコンでも問題ありません。
②Webカメラ
自分の盤面を映すためのものです。Skype対戦をするだけなら、100万画素程度あれば十分です。盤面を上から映す必要があるので、モニターなどのに取り付けられるクリップ型が便利です。マイク内蔵型のものと、ついていないものがあります。
③マイク
自分の音声を拾うためのものです。WebカメラやノートPCなどに内蔵されている場合があり、その場合は独自に用意する必要はありません。
④Skype
映像や音声を通信するアプリケーションです。これをPCにインストールし、Webカメラやマイクを認識させ、Skype対戦を実施します。
⑤インターネット回線

Skypeで通信を行うために必要です。有線と無線、どちらでも構いません。使用するPCでインターネットに接続できるように、事前に設定しておいてください。

2. Skypeのインストールとアカウント作成

まずは、用意したPCにSkypeをインストールし、アカウントを登録します。
アカウント登録の際にメールアドレスが必要となりますので、メールが受信できるメールアドレスをご用意ください。
※既にSkypeがインストールされており、Skypeアカウントも持っている場合は、この項目をとばしてください。

①Skypeのクライアントをダウンロード

http://www.skype.com/ja/
上記のURLにいき、Skypeクライアントをダウンロードしてください。

②ダウンロードしたSkypeクライアントを起動し、手順に従ってインストールしてください。
③Skypeを起動し、「アカウントを作成」をクリック。手順に従って情報を入力し、アカウントを作成してください。

3. Webカメラ、マイクをSkypeに設定

Webカメラの映像、マイクの音声をSkypeに登録し、Skype対戦用に設定します。
この項目を実施前に、Webカメラおよびマイクを、PCで使用できるよう設定をしてください。
※Webカメラおよびマイクのインストール、設定などは、各製品の取扱説明書などをご確認ください。

①Skypeを起動し、メニューの「ツール」から「設定」を選択
②サイドメニューから「オーディオ設定」を選択し、使用するマイクを設定

設定後、画面下部の「無料音声テストサービスと通話」をクリックし、通話設定の確認を必ず行ってください。

③サイドメニューから「ビデオ設定」を選択し、使用するWebカメラを設定

画面中央に映る画像が表示されるため、それを参考にして、カメラの位置など調整してください。その際、以下に注意してください。

  • ・【バトルエリア】と【スピードエリア】、【バーストエリア】が映像内にしっかりとはいっていること
  • ・照明の照り返しなどで、カードのイラストが見えづらい状態になっていないこと

4. 対戦相手を見つけよう

LINEグループの「ドレノLINEグループ_Skype募集」から、対戦相手を見つけてSkypeIDを交換し、対戦をしましょう。
このLINEグループは、ドレノ地域別LINEグループに参加希望を出した方すべてに招待を行っています。

5. 対戦時の注意

以下の事に注意し、ドレッドノートのSkype対戦を楽しみましょう!

  • ①カメラの解像度や相手との通信状態によっては、カードが見えづらい状態になることがあります。自分の手番やリアクションの宣言の際、かならずカード名を声にし、対戦相手に伝わるようにしましょう。
  • ②カードのアビリティやBP、スピードなどがわからない場合、積極的に確認していきましょう。また聞かれたプレイヤーも、聞かれた事に対してはしっかりと回答してください。
  • ③対戦相手は同じドレッドノートのプレイヤーです。挨拶や言葉遣いなど、お互いに不快にならないような言動を心がけましょう。

6. 対戦にあたり注意事項

公序良俗に反する行為が確認できた場合、Skype対戦のご利用のお断り、身元が判明する場合は公式イベントへの参加禁止などを実施致します。

対戦時のSkypeにて、以下の内容を禁じます。

  • ①公序良俗に反する行為
  • ②法律、規律、命令などに違反する、またはその恐れのある行為。
  • ③当社。または第三者の権利(著作権、商標権などを含み、これらに限りません)、利益、名誉を侵害する行為、またはその恐れのある行為。
  • ④特定の個人、団体などを誹謗、中傷する行為
  • ⑤特定の個人、団体などへのなりすまし行為
  • ⑥宗教活動、またはこれに類似し、もしくは準じた行為
  • ⑦寄付を呼びかける行為
  • ⑧コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを提供する行為
  • ⑨他の利用者を含む第三者の個人情報(姓名などのフルネーム、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真、クレジットカード番号、暗証番号などを含み、これらに限りません)を掲載、またはこれらを聞き出す行為
  • ⑩その他、当社が適当ではないと判断した行為